Apple、iOS 15.6およびiPadOS 15.6の第2リリース候補バージョンを開発者およびパブリックベータ・プログラム登録者公開!

Appleは本日、テスト目的で開発者とパブリックベータ・プログラム登録者にiOS 15.6およびiPadOS 15.6の第2リリース候補バージョンを公開しています。リリース候補のアップデートは、来週一般公開される予定のiOS15.6およびiPadOS15.6の最終バージョンを表しています。

開発者は、適切なプロファイルがiPhoneまたはiPadにインストールされた後、Apple Developer Centerを介して、または無線でiOS15.6およびiPadOS15.6をダウンロードできます。パブリックベータテスターは、Appleのパブリックベータ・プログラムからプロファイルをダウンロードできます。

アップデートに関するAppleのリリースノートによるとmライブスポーツゲームの新しいオプションが追加され、デバイスのストレージ設定、Safariなどの問題に対処します。
iOS 15.6には、拡張機能、バグ修正、セキュリティアップデートが含まれています。

TVアプリには、一時停止、巻き戻し、または早送りするオプションが追加されています
使用可能な場合でも、設定でデバイスストレージがいっぱいであると表示され続ける可能性がある問題を修正します
メール内のテキストをナビゲートするときに点字デバイスの速度が低下したり、応答が停止したりする可能性がある問題を修正します
タブが前のページに戻る可能性があるSafariの問題を修正します

iOS 15.6とiPadOS 15.6は、Appleが今秋にリリースされる予定のiOS 16に取り組んでいるため、iOS 15とiPadOS 15の最後のアップデートの一部になる可能性があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月16日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。