【地球環境】「砂蓄電池」が地球を救う?

エネルギーソリューションについて考えるとき、巨大なサイロの中に100トンの建設業者の砂が積まれているとは想像できません。しかし、ある会社は、砂が何ヶ月も熱を蓄える性質から、砂がエネルギー貯蔵の秘密の源になる可能性があることを実際に発見しました。

フィンランドのスタートアップPolar Night Energyは、熱を蓄える新しい方法を開発しました。それは砂でいっぱいの巨大なサイロです!
4×7メートルの鋼製コンテナは数百トンの砂で満たされています。次に、砂は風力または太陽エネルギーで加熱され、地元のエネルギープロバイダーが地元の地区を暖房するために使用するために保管されます。それは事実上巨大な砂のバッテリーです。

風力と太陽エネルギーは非常に有用ですが、断続的な電力しか提供しません。
一方、砂は耐久性があり安価であり、摂氏約500〜600度の温度で放散することなく大量の熱を蓄えることができます。

これは、一度加熱されると、最小限の介入でサイロを数か月間高温に保つことができることを意味します。同社の砂電池は現在、Kankaanpää地区を暖め、家、オフィス、工場、地元のプールを暖かく保っています。

Polar Night Energyは、熱エネルギーに精通した2人の大学卒業生によって2016年に設立されました。同社はエネルギープロバイダーのVatajankoskiと提携し、地域暖房を提供するために地方自治体の支持を獲得しました。

多くの家庭や企業は、ガス価格の上昇により燃料の貧困に直面しています。ロシアは、ルーブルの支払いを拒否したため、フィンランドをガス供給から切り離しました。長く寒い冬を経験するフィンランドにとって、良いニュースではありません。

しかし、彼らの成功したパートナーシップを通じて、Polar Night Energyは、創造性が複雑な環境および社会問題をどのように解決できるかを示す優れた例です。

(via TNW

Last Updated on 2022年7月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。