【地球環境】急激に溶けるチベットの氷河は1,000種類の潜在的に危険な微生物を出現させる!


画像ソース:Kevin Frayer / Stringer / Getty

地球の気温は上昇し続けており、至る所で氷河が溶けて、より多くの水が海や陸に送られています。古代の永久凍土層は柔らかくなり、溶け始め、地球に巨大なクレーター状の穴を出現させました。

しかし、進行中の気温上昇のもう1つの懸念は、チベット氷河のように、極端に溶ける氷河が危険な可能性のある古代の微生物をどのように解き放つかということです。

チベットの氷河全体において研究者たちは968種を発見したと言っています。これらはすべて、非常に多様な微生物を特徴としています。チームは、 Nature Biotechnologyに掲載された新しい論文でその調査結果を発表しました。この論文は、氷河生態系の最初の専用ゲノムカタログであり、いくつかの興味深い結果を明らかにしています。

まず、研究者たちは、極端なチベット氷河が多様な生命を支えることができることを発見しました。これには、バクテリア、藻類、菌類、古細菌、さらには他の微小真核生物が含まれます。これらの微生物はすべて、チベット高原を取り巻く極端な条件にも適応する驚くべき能力を示しています。氷河で見つかった微生物の品揃えも困惑しています。

研究者たちは、チベット高原の250万平方キロメートルの地域を調査しました。この地域では、進行中の気候変動の結果として、氷河の80%以上が後退し始めていることがわかりました。私たちはそれらの氷河を失っているので、科学者たちはこれらの極端なチベット氷河をどのような微生物が故郷と呼ぶのかを解明するために一生懸命取り組んできました。

現時点では、研究者たちはこれまでに発見した微生物に危険を感じていないようです。しかし、それは彼らが危険ではないという意味ではありません。他の古代の微生物と同様に、完全な理解を確実にするために私たちはまだ長い道のりを歩んでいます。しかし、研究者を駆り立てたのは、その潜在的な危険性、そしてこれらの微生物へのアクセスを永久に失うリスクです。

(via BGR

Last Updated on 2022年7月5日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。