【ビジネス】転職したくてもできない人たち

社員の中には、実際に転職したいと言っていますが、実際には何も動かない人たちがいます。
おそらく大半の社員がそうです。不満があるから単に転職したいと口先だけで言っているだけの人がほとんどです。

若い社員の中には本当に現在の職場を辞めたいが、転職活動をする勇気がない人たちがいます。

しかし、多くの自己啓発本が説いているように本気で思わなければ物事は実現しません。

「転職したい」ではなく、

「転職する」です。

そういう方向へ気持ちを持っていかなければ、面倒くさいとかの理由を付けて、逃げてしまいがちです。

「これから先、定年退職までずっとこの会社で働くつもり?」と本気で自分に問うてください。

幸運であれば社長が突然の病気で死ぬかもしれませんが、元気そうな社長は、これらか当分の間、社長でいる可能性の方が遙かに高いのです。仮に社長が早期に他界しても、それで会社が傾いてしまう場合もあります。

社長にとって、会社とは、ディズニーランドのように人生を楽しむ遊園地のようなものです。怖いジェットコースターがあり、そして楽しいアトラクションがあります。

だから、金持ちの社長にとっても、隠居して旅行三昧の生活など退屈極まりないことなのです。それよりも自分がデザインして築き上げてきた会社という遊園地で忙しく遊び回る方が100倍も刺激的です。

凡人ならば、人を雇い上げ、管理して使うことは面倒で仕方がないことですが、転職というウ変化は、自分さえチャレンジすれば大きな成長をもたらしてくれます。
しかし、全ての転職が成功するわけではありません。

給料が良いと思って、転職したら、中身はパワハラ体質のブラック企業だったと言うこともあります。

転職は、自分のキャリアを考えながら、自己成長を中心に、次に収入面を考慮して決めた方が良さそうです。

転職できない人たちは、考えすぎて立ちすくんでしまうのです。まずは、動いてみて自分の環境適応性を拡大させていくことは、楽しいことです。

Last Updated on 2022年7月4日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。