Kuo氏、iPhone 14の発注が減るとしたDigitimesのレポートは疑問!

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、TSMCへのiPhone 14用のチップ注文が10%削減されたというDigitimesのレポートを疑っています。
Kuo氏はツイッターのスレッドで、iPhone14コンポーネントとEMSの出荷予測は今週初めに報告したものと同じであると述べています。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、「AppleによるiPhoneの出荷予測のわずかな調整(1桁の増減)は、大量生産前の新モデルを含めて一般的です」と述べています。Kuo氏は、「Appleは通常、新しいモデルを発売して実際の市場の需要/フィードバックを確認する前に、新しいiPhoneの出荷予測を大幅に変更することはありません(2桁の増減)」と付け加えています。

アナリストは、「サプライチェーンの問題により、大量生産前に新しいiPhoneの出荷計画に大幅な変更が生じた場合、Appleは通常、注文を削減するのではなく延期する」と述べてスレッドを終了します。

昨日、Digitimesのレポートによると、 Appleはラインナップに対する強い需要を期待しているにもかかわらず、iPhone 14の注文を10%削減しているとのことです。

Apple、iPhone 14の第1派出荷を10%削減!?

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月3日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。