ヴァージンオービット、ジャンボジェットを使ったロケット発射に成功(動画あり)

ヴァージンオービットは、カリフォルニアのモハーベ航空宇宙港から7つの衛星を搭載したロケットを土曜日の早朝1:49 ET(現地時間午後10:49)に打ち上げに成功しました。。同社は、翼の1つの下にLauncher Oneロケットが取り付けられた、Cosmic Girlと呼ばれるボーイング747艦載機の助けを借りて衛星を低軌道に運びました。

1988年のポーラアブドゥルの歌にちなんでストレートアップと呼ばれるこのミッションには、NASAの宇宙試験プログラムの一環として7つの研究衛星が関与しています。

以前のミッションと同様に、ヴァージンオービットは、Cosmic Girlに地上35,000フィートのLauncher Oneロケットを運ばせ、ロケットが分離してそのペイロードを軌道に打ち上げる前に、ヘッドスタートを与えることで、衛星を宇宙に推進しました。

ヴァージンオービットは合計5回の打ち上げを試みましたが、 2020年5月の最初のテスト飛行中に1回だけ失敗しました。2021年1月に最初に軌道に到達し、2021年6月に一連の衛星を軌道に投入し、今年初めにさらに別のミッションを完了して以来、順調に進んでいます。ヴァージンオービットのStraight Upミッションは、これまでで4番目に成功したフライトです。

ヴァージンオービットは、英国の億万長者であるRichard Bransonが所有しており、同社の民間宇宙飛行部門であるVirgin Galacticと混同しないでください。同社は昨年、SPAC(特別目的買収会社)の合併により公開された。これまでに南カリフォルニアからの打ち上げはすべて完了しましたが、ヴァージンオービットは、今年後半にイギリスのコーンウォールから離陸する予定です。

(via The Verge

Last Updated on 2022年7月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。