SpaceXのStarlink(衛星インターネットシステム)、飛行機、電車、自動車に登場!

米国連邦通信委員会(FCC)は、自動車、トラック、ボート、航空機など、移動中の車両で Starlink衛星インターネットシステムを使用することをSpaceXに許可しました。

Starlinkは、SpaceXの地球を周回する衛星のネットワークであり、 36か国に高速インターネットを提供しています。Starlinkは、アクセスの信頼性が低い、高価な、または完全に利用できない場所に高速ブロードバンドインターネットを提供するように設計されています。

FCC国際局長のThomas Sullivanによると:「SpaceXの衛星システム用の新しいクラスの端末を承認すると、ブロードバンド機能の範囲が拡大し、国中のRVの運転、国内線または国際線の飛行中、ヨーロッパから米国の港への貨物輸送の移動など、移動中に接続を必要とするユーザーの需要の高まりに対応できます。」

Starlinkは、ビデオコール、オンラインゲーム、ストリーミング、およびその他の高データレートのアクティビティを、従来のブロードバンド衛星よりも高速な接続で実現します。これまで、Starlinkへのアクセスは、固定位置のハードウェアを使用するものに制限されていました。しかし今では、移動中にアクセスできます。これは、自動車、トラック、ボートなどのモビリティ市場に拡大するための巨大な商業的機会を提供します。

同社は最近、移動中のキャンピングカーにRVアクセスを展開しました。RVユーザーは、スターリンクに登録して、アクティブなカバレッジのある場所で高速で低遅延のインターネットを利用できます。月額129ドルで、ハードウェアの初期費用は657ドルです。

Starlinkは、最近ウクライナを大いに助けました。Ukrzaliznytsia(ウクライナ鉄道)は、2022年末までにすべての列車でスターリンクを提供する予定です。イーロン・マスク氏の世界独占を心配している人にとって、衛星ブロードバンドの競争相手は、カナダのTelestat、およびAmazonのProject Kuiperが含まれます。ただし、どちらも製品開発の初期段階にあります。

日本国内でのサービスは、SpaceXとKDDIが連携して2022年中にサービス開始の予定です。

(via TNW

Last Updated on 2022年7月2日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。