9月の発売に向けてiPhone 14用コンポーネントが出荷開始

台湾の業界誌DigiTimesによると、AppleのサプライヤーはiPhone 14モデルのコンポーネントの出荷を開始しており、通常どおり9月に発売される予定です。このレポートは、今後数か月の間にiPhone 14モデルの最終組み立てのためにFoxconnなどのメーカーに出荷されるコンポーネントに言及している可能性があります。

「業界筋によると、コンポーネントサプライヤーは9月に発売が予定されている次世代iPhoneシリーズの出荷を開始した」

噂によると、特にiPhone 14 Proモデルには大きな変更が加えられており、ノッチは新しいピル型の切り欠きと、Face IDセンサーとフロントカメラを収納する穴に置き換えられる予定です。新しいProモデルは、より高速なA16チップと8Kビデオ録画をサポートするアップグレードされた48メガピクセルのリアカメラレンズを備えていると予想されますが、標準のiPhone 14モデルはA15チップと12メガピクセルのレンズを保持すると言われています。

iPhone 14 Proモデルで噂されているもう1つのヘッドライン機能は、iOS16の新しいロック画面ウィジェットと統合された常時オンのディスプレイです。

フルラインナップは、6.1インチのiPhone 14、6.7インチのiPhone 14 Max、6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxで構成され、5.4インチのミニモデルは廃止される予定です。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年6月28日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。