iOS 16の最大の魅力は、ロック画面でのウィジェット表示!?

私が、iOS 16 betaを使用して、最大の魅力は、ロック画面でウィジェットが配置できることだ。天気、温度、アラームなどを配置できて、アラームは、セキュリティに関係ないので、ロック画面のまままで使用できる。

iOS 15では、iPhoneのホーム画面にApple製のウィジェットや、画面のアイコンを整理する機能がついたが、一般的な人が使うアプリは、第2画面くらいで間に合うので、ウィジェットが一番ありがたかった。

今回のiOS 16でも様残な改良がおこなわれているが、一般の人が一番にメリットを感じるのは、ホーム画面のウィジェット配置で、それもAppleらしく、デザインを重視して、すっきりしたデザインに収まるようにしている。見た目もいいし、使いやすい。

やはりiPhoneはかっこよくないといけない。いくら便利でも、ごちゃごちゃしたウィジェットは、iPhoneには必要ない。デザインの良さとAppleのiPhone、iPad、Mac、Apple Watchを含めたエコシステムがAppleの大きな魅力だからだ。そうでなければ、Androidでも構わない。

ほかにも便利そうなのが、カメラを利用したリアルタイム翻訳機能、これは英文の文章を翻訳するときにわざわざOCRで取り込まなくて済むので助かる。

Last Updated on 2022年6月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。