ドイツの持続可能性スタートアップが、廃棄物をグリーン水素に変える40億ドルの計画を発表

トラック、バス、船、電車、航空機、そして程度は少ないが自動車などの車両に電力を供給する水素燃料電池の多くの優れた使用例があります。水素は実際にはグリーンな物質であり、グリーンな電気とよく似ていますが、歴史的にはそうではありません。2020年には、使用された水素の96%が化石エネルギー源に基づいて生産されました。しかし今、ドイツの会社は、廃棄物を発電 可能な使用可能なグリーン水素に変換する方法を見つけました。

エネルギープロバイダーは、最も一般的に、熱と化学反応を使用して水から水素を抽出します。ただし、これは従来、エネルギーを大量に消費するプロセスであり、再生可能エネルギーの使用を含まない限り、有害な温室効果ガスの排出を引き起こします。しかし、ドイツのエネルギー貯蔵会社H2-Industriesは、エジプト初の廃棄物から水素への施設の建設と、このタイプの世界初のプロジェクトを発表しました。

同社は、スエズ運河経済特区からの有機性廃棄物を使用可能な水素に変換するプロジェクトを開発しています。これには、プラスチック、農業廃棄物、および下水汚泥が含まれます。同社はこの水素を「キャリア流体」に移し、ディーゼルのように貯蔵タンクを輸送して充填するために使用しますが、それぞれの炭素排出量はありません。

次に、エネルギープロバイダーは、H2-Industriesのプロセスからの廃熱を使用して、蒸気タービンと発電機で発電することができます。同社によれば、このプロジェクトは年間30万トンのグリーン水素の生産能力を目標としている。これは、発電所が年間400万トンの都市固形廃棄物を処分できることを意味します。

重要なのは、グリーン水素を進化させるための大きなメリットの1つはコストです。価格は伝統的に、グリーン水素の革新を進める上での大きな障壁です。スエズ運河プロジェクトは、現在の生産技術の半分のコストでグリーン水素を生産し、低炭素およびグレー水素生産の現在のレベルよりもさらに低いコストを削減します。

さらに、処理で捕捉されたCO2排出量は、低コストの合成ディーゼル(eDiesel)または持続可能な航空燃料(SAF)を生み出す可能性があります。グリーン水素イノベーションは、現在、商用ユースケースよりも研究開発に集中していると言っても過言ではありません。

しかし、この規模のプロジェクトは、商業的実行可能性を現実に近づけます。うまくいけば、この分野の他の利害関係者は、プロジェクトの調査結果を使用して、独自の持続可能なグリーン水素プロジェクトをさらに推進することができます。

ただし、これ(および必要な水素燃料補給ステーション)がなければ、研究を超えて実際の使用に到達することはできません。

(via TNW)

Last Updated on 2022年6月19日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。