LightningからUSB-Cに変更されるiPhone 15?

著名アナリストのMing-Chi Kuoは、Appleが来年iPhone15でLightningからUSB-Cに切り替えると主張しています。

Appleは、2015年に12インチMacBookを使用してMac用USB-Cの採用を開始しました。その後、2016 MacBook Proに採用した後、昨年、MagSafe、HDMI、SDカードスロットを復活しました。

iPadは、2018年に11インチと12.9インチのiPadProモデルでLightningからUSB-Cに切り替えました。

AppleのアナリストMing-ChiKuoは本日、Appleが来年の後半にiPhone15でUSB-に切り替えるとツイートしました。

私の最新の調査によると、2H23の新しいiPhoneはLightningポートを放棄し、USB-Cポートに切り替えます。USB-Cは、ハードウェア設計におけるiPhoneの転送速度と充電速度を向上させる可能性がありますが、最終的な仕様の詳細はiOSのサポートに依存します。

iPhoneやアクセサリからのUSB-Cポートの採用による膨大な注文のおかげで、Appleのエコシステムの既存のUSB-C関連サプライヤ(ICコントローラ、コネクタなど)が今後1〜2年で市場の焦点になると予想されます。

Kuoは予想実績を持っていますが、最近では、証拠に基づくものではなく、Appleが何をする可能性があるかについての考えや意見を単にツイートするようになっていることに注意してください。ただし、このツイートは、サプライヤーとの話し合いを意味する彼の「最新の調査」に基づいていると具体的に述べています。

しかし、筆者は、かなり前からEUによるAppleへの汎用的なコネクタを使用するようにとのプレッシャーがあるため、今年のiPhoneから採用される可能性があると考えています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年5月12日 by M林檎

コメントを残す