Apple、2020年秋発売のチップに突然のセキュリティ変更を加える

Appleサポートドキュメントによると、Appleは、2020年の秋にデバイスのA12、A13、およびS5プロセッサにミッドプロダクションハードウェアの変更を加えて、異常なセキュアストレージコンポーネントを更新しました。

サポートページによると、Appleは2020年の秋に多くの製品でSecure Enclaveを変更しました。

Appleのサポートドキュメントの説明は、少なくとも、第8世代のエントリーレベルのiPad、Apple Watch SE、およびHomePod miniは、同じチップを搭載した古いデバイスとは異なるセキュアエンクレーブを備えていることを示唆しています。

実際、これらのチップを搭載したすべての新製品に変更が加えられた場合、影響を受けるデバイスには、iPhone XR、iPhone 11、「iPhone SE」、第5世代iPad mini、および新たにリリースされた第8世代のiPad mini、第8世代‌iPad‌、‌Apple Watch SE‌、および‌HomePod minが含まれますi‌。

変更は2020年の秋に行われましたが、変更の詳細を示すサポートドキュメントは2021年2月に公開されました。Appleのプラットフォームセキュリティガイドの完全なPDFバージョンは、第1世代と第2世代のセキュアストレージコンポーネントの違いを明らかにしています。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年4月14日 by M林檎

コメントを残す