次期iPhoneSE、2023モデルは4.7インチディスプレイを搭載し、ホールパンチフルスクリーンデザインを採用

ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏によると、2022年に発売が予定されている次世代のiPhone SEは、現在のバージョンと同じ4.7インチのディスプレイを搭載する予定です。

ヤングの情報はまた、「iPhone SE」の2021年の更新はないことを示唆していますが、2022年のマイナーな更新に続いて、2023年にはもっと根本的な設計変更が行われる可能性があると述べています。

Appleは、ノッチではなく穴あけ設計を特徴とするiPhone SEの6.1インチバージョンに取り組んでいると言われています。Appleは2022年のフラッグシップモデルにホールパンチディスプレイを導入することを計画していると噂されているので、デザインが変更された新しいiPhone 14モデルを導入した後、1年後にiPhone SE」にそのデザインを採用する可能性がります

ホールパンチのデザインは、Androidメーカーが、前面カメラ用のスペースを残しながら、利用可能な表示領域を最大化するために以前から使用しているものです。これにより、上部のノッチがなくなります。

2022年に登場するiPhone SEの設計変更はほとんどないと思われますが、デバイスはアップグレードされたプロセッサと5Gサポートを取得する予定です。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年4月2日 by M林檎

コメントを残す