ペリスコープ望遠レンズを搭載した2022年のiPhoneの噂、最大10倍のズームが可能か?

韓国のウェブサイトThe Elecが、匿名の情報源からの話しとして、Appleは2022年にリリースされる少なくとも一部のiPhoneモデルで、Samsung製のコンポーネントをペリスコープ望遠レンズに使用する可能性があります。

レポートによると、Samsungの子会社であるElectro-Mechanicsは、アクチュエータやレンズなどのコンポーネントをLGに供給し、LGはそのコンポーネントを使用して、Apple向けにペリスコープ望遠レンズを製造するとしています

2022年のiPhoneでのペリスコープ望遠レンズの可能性は、アナリストのMing-Chi Kuoによって3月に最初に言及され、それ以来、いくつかの噂がありました。このテクノロジーにより、iPhoneの光学ズームを大幅にアップグレードできます。

これは、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの2倍と2.5倍の制限をはるかに超えています。たとえば、HuaweiのP40 Pro +スマートフォンは、最大10倍の光学ズームを備えたペリスコープ望遠レンズを備えています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年12月8日 by M林檎