ディストピア到来??Microsoft 365の従業員監視ツールがヤバイ!

企業が従業員をスパイできるようにするMicrosoft 365の監視機能について、プライバシー侵害と誤用が懸念されています。

Microsoft 365は、組織のパフォーマンスに関する集計データを提供するものとして宣伝されている「生産性スコア」機能は、マネージャーが個々の従業員を監視するために使用できます…

Microsoftのブログ投稿によると、2019年に最初にリリースされたツールは、「組織の仕組みを可視化する」ように設計されており、電子メールの使用からネットワーク接続までのすべての情報を、オフィスの生産性の管理として表示できます。

デフォルトでは、レポートを使用すると、マネージャーは個々の従業員のデータにドリルダウンして、グループチャットの会話への参加が少ない、電子メールの送信が少ない、または共有ドキュメントでの共同作業に失敗している従業員を見つけることができます。

Wolfie Christl研究員は、これは従業員が仕事の質ではなく、純粋に恣意的な指標で判断されることを可能にするため、問題があると述べています。

Workplace Analyticsでは、Microsoftはすべての従業員に「影響スコア」を割り当てます。これは「人が社内でどれだけつながりがあるかを示す数値スコア」です。

Microsoftのドキュメントによると、このスコアはMicrosoftツールの使用に基づいて計算されています。

つながりのある人が社内にどれだけいるかを示す数値スコアがあり、スコアが高いほど、その人のつながりが良くなり、変化を促進する可能性が高くなります。(人とのつながりは、電子メール、会議、チームコール、およびチームが社内の他の人とチャットするなどのコラボレーションアクティビティの頻度に基づいています。)

(via 9 to 5 Mac

ユートピアとは反対の監視者会であるディストピアでは、従業員は、監視ツールによって、絶えず仕事が管理され、そのデータは、AIによって分析され、業務評価が行われます。

Microsoftは、Microsoft 365で集めた企業データを利用して、各企業に他社の平均と比較して従業員の活動がどうなのかといった情報まで提供してくれます。

Last Updated on 2020年11月28日 by M林檎