今後発売されるApple Silicon Macの予想

今後、Apple Siliconへの移行が最も期待されているMacの1つは、iMacです。iMacは8月に最新の内部アップグレードされましたが、内容は新しいIntelプロセッサが含まれているだけで、外部デザインは変更されていません。

iMac
iMacは、再設計が長い間延期されています。外部シャーシは、Appleが側面で5mmの厚さまで先細になるiMacケーシングが2012年に行われました。しかし、このデザイン機能は側面からしか見ることができず、正面から見ると、iMacは10年間変更されていません。

信頼できるAppleアナリストのMing-ChiKuoは、Appleが2020年第4四半期または2021年第1四半期に、24インチディスプレイを備えた再設計されたiMacをリリースすると何回も報告しています。 Apple Siliconを搭載した再設計されたiMacは2021年第1四半期に発売される可能性があります。

興味深いのは、24インチのiMacが、何年にもわたって大きなアップデートが行われていない既存の21インチのiMacに取って代わる可能性がありますが、27インチiMacの運命についての報告はまだ聞いていません。

MacBookPro
13インチMacBook Proは、Apple Siliconを内蔵してすでに入手可能ですが、かなり限定されたアップグレードです。2つのThunderboltポート、最大16GBの統合メモリ、最大2TBのSSDストレージです。Appleは次にハイエンドのMacBook Proを移行することを計画しているようです。

まず、複数の報告によると、Appleは再設計された14インチMacBook Proを開発中です。Kuoは、これは2021年第2四半期または第3四半期にリリースされると述べています。最近、Kuoはこの主張を強調し、「まったく新しいフォームファクタと工業デザイン」を備えたMacBookが2021年の後半に登場すると報告しました。

そして、Appleが来年中に16インチMacBook Proをリフレッシュすることも予想しています。ここでどのようなフォームファクタの変更が見られるかは不明です。

MacPro
Mac Proは、Appleのラインナップの中で最も情報が出てこないな製品の1つであり、Apple Siliconロードマップのどこに位置するのかは不明です。ごく最近、ブルームバーグは、Appleが現在のMac Proデザインの約半分のサイズになる新しいMac Proを開発中であると報告しました。

Mac Proは、モジュール式のデザインを備えているため、ユーザーはコンポーネントを組み合わせたり、個々のパーツをアップグレードしたりできます。Apple Siliconがこの設計にどのように組み込まれるかは不明です。

Mac mini
現在のM1 Mac miniは、13インチMacBook Proと同様の制限があり、最大で16GBのメモリと2TBになり、背面には2つのThunderboltポートしかなく、10Gbイーサネットはありません。これは実際には、Appleが現在も販売している前世代のIntel Mac miniと比較してダウングレードです。

また、Appleは、Intelを搭載した特定のMacを企業や教育機関の顧客が利用できるようにしておく可能性がありますが、消費者向けのラインナップはほぼ確実に今後2年以内にApple Siliconに完全に移行します。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年11月26日 by M林檎