Microsoft、Apple Siliconと互換性のある「Office for Mac」のBeta版を公開!

Apple Silicon Macの購入を考えているユーザーにとって、アプリの互換性は最重要事項です。マイクロソフトは本日、Appleシリコンのサポートを含むMac Office2019ベータ版の新しいユニバーサルビルドを発表することを発表しました。

11月17日から、Apple Silicon Mac(MacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac mini)が、到着します。M1ベースのMacはIntel Mac用に作成されたx86コードを実行できますが、このプロセスには、ソフトウェアRosettaがそれをARMコード(M1と互換性がある)に変換することが含まれます。

macOS 11 Big Surは、11月12日、最初のApple Silicon Macが、ユーザーに到着する直前に公開されますが、「Office for Mac」の正式版の公開時期は、Microsoftはm明らかにされていませんが、そう遠くない日だと予想されます。

Mac Office 2019ベータチャネルへの参加に興味がある場合は、こちらで詳細を確認できます

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年11月12日 by M林檎