Apple、労働契約違反のためにiPhone 12のサプライヤー「Pegatron」とのビジネスを一時停止!供給に影響か?

Bloombergによると、Appleが、労働契約違反のためにiPhoneサプライヤー「Pegatron」との新規ビジネスを一時停止したとのことです。

Appleは、Bloombergに対して「Pegatronは、学生労働者をに夜間に残業をさせたり、場合によっては契約とは関係のない仕事をしたりすることを許可するなど、労働規範違反を行い、それを差もなかったように偽装した」と述べました。

Pegatronは、iPhone 12の主要サプライヤーであるため、今後のiPhone生産に支障がでる可能性がありますが、Appleとしては、労働契約違反とその隠蔽工作は、今回が初めてではないため、厳しい措置をとったようです。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年11月9日 by M林檎