Apple、iPhoneやその他のデバイス用の電源管理チップの不足に直面

Appleは、iPhoneやその他のデバイス用の主要な電源管理チップの安定した供給を得るのに苦労しており、その不足は、重要が高まるホリデーショッピングシーズンの前にやって来ます。

Bloombergは、この問題に詳しい情報筋を引用して、不足の大部分は、進行中のコロナウイルスのパンデミックに起因する貿易制限とサプライチェーンの混乱が原因であると報告しています。

Appleが通常最も忙しい四半期に移行する際に、部品の不足がAppleにどのような影響を与えるかは不明です。

このレポートでは、Appleのどのパワーチップサプライヤーが制約を受けているかを特定できていませんが、ほとんどが他社向けの部品を製造しています。i

Fixitが最近実施した分解により、Texas Instruments、STMicroelectronics、Qualcomm Inc.などの部品が搭載されていることが明らかになっています。

(via AppleInsider

Last Updated on 2020年11月5日 by M林檎