Appleのトップサプライヤー3社が、インドへの生産シフトで9億ドル(約850億円)を投資

ロイター(2020年9月28日)によると、Appleのサプライヤーで、トップ契約メーカーの3社は、新しい生産関連のインセンティブプランを活用するために、今後5年間で合計約9億ドル(約850億円)をインドに投資する計画です。

3社は、Foxconn、Wistron、Pegatronです。インドの新しい66.5億ドルの生産連動型インセンティブ(PLI)スキームは、2019〜20年のレベルと比較して、今後5年間で地元で製造されたスマートフォンの売上が増加した場合に現金インセンティブを企業に提供します。このスキームは、インドを輸出製造ハブに変えることを目的としています。

Foxconnは約400億ルピー(5億4200万ドル)の投資を申請し、WistronとPegatronはPLI計画の下でそれぞれ130億ルピーと120億ルピー近くの投資を約束していると情報筋は語った。

Last Updated on 2020年9月29日 by M林檎