Apple、今月末にiPhone 12の量産を開始、AirTagも同時デビュー

日経の報道によると、アップルは今月末にiPhone 12の量産を開始する予定です。5G対応の4つのiPhone 12モデルのうち少なくとも1つは、通常の年よりも約1か月遅れて9月中旬に生産が増加すると述べています。ラインナップ全体の生産ラインは、9月末と10月の最初の週に開始されます。

AppleのCFOはすでに、iPhone 12が通常より数週間遅れて発売されること発言しており、10月のリリース日を示唆しています。日経レポートはまた、Appleの長い間噂されてきたタイルトラッカーとの競争相手である Apple AirTagsと呼ばれるものは、すでに大量生産段階にあると述べています。

iPhone 12モデルのうち少なくとも1つは、通常の年よりも約1か月遅れて9月中旬に生産が増加すると述べています。ラインナップ全体の生産ラインは、月末と10月の最初の週に開始されます。

他の3つのiPhone 12モデルは、5.4インチOLEDバージョン、トリプルカメラシステムとLiDARスキャナーを備えた6.1インチOLEDモデル、そしてiPhoneでこれまでで最大の画面を備えた新しいヒーローフラッグシップ6.7インチモデルになります。そして新しいカメラシステムと3Dスキャナー。最近のレポートでは、ハイエンドの電話のみが最速の5GスペクトルであるmmWave をサポートすることが示唆されています。

4つのiPhone 12はすべて新しい工業デザインを採用し、平らな正方形の側面がiPhone 5世代に引き継がれています。日経は、iPhone 12プロトタイプは検証のために中国からカリフォルニアに特別なトラックで輸送する必要があったため、Appleの厳格な製品機密要件が今年特別な課題をもたらしたと言います。

AirTagsは、紛失したアイテムを見つけるのに役立つ付属品として、iPhone 12とともにデビューすることが期待されています。AirTagsは、ウルトラワイドバンドテクノロジーを使用して、空間内の位置を正確に特定し、拡張現実インターフェースに仮想ピンマーカーを表示します。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年9月8日 by M林檎