Microsoft、Office 2016 for Macのサポートを10月に終了!

MicrosoftのOffice 2016 for Macはサポート終了日が2020年10月13日に設定されており、それ以降、Office 2016 for Macソフトウェアを使用したOffice 365サービスへの接続はサポートされなくなります。

Microsoft Office 2016 for Windows、Microsoft Office 2019、Microsoft 365 Apps for enterprises、Microsoft Apps for businessはすべてOffice 365で引き続き機能します。

Microsoftによると、Office 2013など、Officeクライアントの他のバージョンをブロックするための積極的な対策は講じられていませんが、古いクライアントでは、時間の経過とともにパフォーマンスや信頼性の問題が発生する可能性があります。

Microsoftの製品とサービスを利用しているOffice 2016 for Macユーザーは、Office 2019を1購入するか、Microsoft 365 Personalを年間購読する必要があります。Office 2019は2023年までサポートされます。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年8月4日 by M林檎