Apple、中国のApp Storeから約30,000のアプリを削除

データ調査会社Qimaiによると、Appleは中国のApp Storeから多数のゲームとアプリを削除しました。許可を得るために必要な政府のライセンスがないゲーム約30,000個のアプリが削除されたとのことです。

Appleは、ゲーム開発者に対して、製品をiOS App Storeに置いておきたい場合は中国の規制当局からライセンスを取得するよう警告しています。

Appleは、土曜日に中国版のApp Storeから26,000以上のゲームを含む、合計29,800のアプリをプルしました。ロイターに よると、新しい一連の削除は7月の第1週からの早い時期に発生し、SupercellやZyngaなどの大手企業のゲームを含む2,500を超えるアプリに影響を与えました。

ゲームを削除するプロセスは、7月1日に開始され、必要なライセンスがないアプリは、消費者が使用できるようにApp Storeでのアプリの更新が一時停止されました。

App Storeから削除されたすべてのゲームが規制機関からライセンスを取得する可能性はわずかです。申請プロセスは、中国以外の企業が実施するのが比較的困難で費用がかかります。ゲームでは、タブーとなる可能性のある政治的トピックの回避からキャラクターの登場の適切性まで、さまざまなルールを遵守する必要があります。

削除の前は、中国のApp Storeには約60,000のゲームがあり、前払いまたはオプションのアプリ内購入が必要であると考えられていたため、ライセンスの取得が必要でした。対照的に、過去10年間に規制当局から付与されたライセンスは43,000のみで、昨年発行されたライセンスは1,600未満でした。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年8月2日 by M林檎