iPhone 12搭載のA14チップの写真、コンパクトになるノッチのイメージ図

リーク情報提供者のMr. Whiteは、通常メインチップの上部にあるA14プロセッサのRAMコンポーネントの写真をTwitterで共有しました。

Appleのすべての2020 iPhoneモデルには、5ナノメートルのA14チップが搭載されます。これは、熱管理の向上により、より高速でバッテリー効率が向上すると予想されます。A14チップを搭載したiPhone 12は、ニューラルエンジンを介した人工知能とARタスクの高速化も図られます。

これまでの噂によると、より手頃な5.4および6.1インチのiPhone 12モデルには4GBのRAMが搭載され、ハイエンドの6.1および6.7インチの‌iPhone 12‌ Proモデルには6GBのRAMが搭載されるとのことです。

Weiboで見つかったiPhoneのノッチ比較画像によると、iPhone 12のノッチは、かなり小型化するようです。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年7月28日 by M林檎