総務省、携帯電話 の乗り換え手数料を引き下げ検討

総務省の有識者会議で、携帯電話 の乗り換え手数料を引き下げ検討されていることが分かりました。

現在の乗換手数料は、3,000円で、それほど高額ではありませんが、海外に比べて手数料が高いと言うことで、値下げに向けて検討しているとのことです。

この値下げ検討は、世界の主要都市に比べ、日本の通信料金が高いため、全体としての値下げ方針によって行われています。

(via NHK

携帯電話の利用料金の値下げに、これほど国が介入している理由は、家計に占める携帯関係の支払いが多いため、他の消費が低迷している現状があります。

それを打破するための経済政策の一環です。

Last Updated on 2020年7月22日 by M林檎