Apple、2030年までにサプライチェーンと製品で100%カーボンニュートラルになることを公約!

Appleは、2030年までにサプライチェーンと製品で100%カーボンニュートラルになることを公式ページで公約しています。

100%カーボンニュートラルとは、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量であるという考え方です。

Appleは、2020年の環境進捗レポートで、2030年までに排出量を75%削減するとともに、包括的なフットプリントの残りの25%を革新的な炭素除去ソリューションを開発する計画について詳しく説明しています。

Appleの対策は、以下の通りです。

低炭素製品の設計:
Appleは、製品における低炭素材料と再生材料の使用を増やし、製品のリサイクルを革新し、可能な限りエネルギー効率の高い製品を設計します。

エネルギー効率の拡大:
Appleは企業施設でのエネルギー使用を削減する新しい方法を特定し、サプライチェーンが同じ移行を行うのを支援します。

再生可能エネルギー:
Appleは、その事業において100%再生可能エネルギーを維持します—新しいプロジェクトの作成とサプライチェーン全体のクリーンパワーへの移行に焦点を当てます。

プロセスと材料の革新:
アップルは、製品に必要なプロセスと材料の技術的改善を通じて排出量に取り組みます。

炭素除去:
Appleは、世界中の森林やその他の自然ベースのソリューションに投資して、大気から炭素を除去しています。

→Apple commits to be 100 percent carbon neutral for its supply chain and products by 2030

Last Updated on 2020年7月21日 by M林檎