iPhone 12、急速充電に対応した新しいメッシュデザインのUSB-C to Lightningケーブルを同梱か

中国のサイト、WeiboでのChargerLABからのリークによるとAppleの次期のiPhone 12モデルは、iPhone 12には、新しいメッシュデザインのLightning-USB-Cケーブルが同梱される可能性があります。

写真は、現在のケーブルの標準的な非ファブリック設計ではなく編組設計のUSB-C-Lightningケーブルを示しています。 Appleは、iPhoneやiPad向けにメッシュデザインのケーブルをリリースしたことはありませんが、Thunderbolt Proケーブル、Mac Proに同梱されるLightningケーブル、HomePod用のメッシュの電源ケーブルを提供しています。

メッシュデザインの皮膜ケーブルは、標準のゴム被覆ケーブルよりも耐久性が高くなる可能性があります。また、ケーブルヘッドが配置されているエンドポイントに追加の補強材が含まれています。ケーブルは、新しいグレーと白のメッシュの外観を除いて、既存のAppleが設計したLightning-USB-Cケーブルに似ています。

ChargerLABのテストでは、、ケーブルの長さは1.05メートルで、現在の1メートルケーブルの長さに近いことが確認されています。太さに関して言えば、ケーブルは3.04mmであり、これはAppleの既存のUSB-C-Lightningケーブルよりも少し太くなります。

AppleのUSB-C-Lightningケーブルは、互換性のあるiPhoneで急速充電を可能にするために使用され、30分以内に50%の充電を提供します。 ChargerLABによれば、ケーブルは「PhoneとiPadを急速充電できました。

Apple 96W PD充電器を使用すると、iPhone 11 Pro Maxを8.98V 2.52A 22.68Wの電力で充電します。これは、iPhone 11 Pro Maxの最大電力に達します。

iPad Air3のテスト充電電力は15.02V 2.17A 32.72Wに達し、iPadAir3の最大電力に達しました。

新しいケーブルは、メッシュデザインに加えて、ロジウムメッキされたルテニウムが付いた8つの銀接点を備えているように見えます。これは、腐食に対する耐性が高く、メッシュデザインと組み合わせると、これらのケーブルは長期間の使用による損傷に耐えることができます。

Appleのケーブル耐久性については、長年にわたって多くの不満があったため、より耐久性のある設計はiPhoneユーザーにとって歓迎すべき変化です。

Appleの新しいメッシュ宇デザインのUSB-C-Lightningケーブルは、2020 iPhoneに同梱される唯一のアクセサリとなるかもしれません。噂では、iPhone 1②には電源アダプタまたはEarPodsが同梱され内模様です。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年7月15日 by M林檎