Apple、 iWork(iOS/ iPadOS版とmacOS版)をアップデート!YouTubeおよびVimeoのビデオを埋め込み可能に

Appleが、iWork(iOS/ iPadOS版とmacOS版)をアップデートしました。

新機能等は以下の通りです。

 

iOS/ iPadOS版

Pages:
• 新しいリーディング表示を使用して、意図しない編集をすることなく、書類をスクロールしたり拡大/縮小したりできます。
• YouTubeおよびVimeoのビデオを書類内で直接再生できます。*
• イメージ、ビデオ、図形などのオブジェクトにキャプションおよびタイトルを簡単に追加できます。

Keynote:
• スライドの切り替え中もムービーを再生できるようになりました。同じムービーを複数のスライドに追加すると、ムービーの再生が1つのスライドから次のスライドへと継続されます。
• “パスに揃える”オプションを使用すると、オブジェクトがモーションパスに沿って移動している間、常に正しい方向を指します。
• イメージ、ビデオ、図形などのオブジェクトにキャプションおよびタイトルを簡単に追加できます。

Numbers:
• 新しいリーディング表示を使用して、意図しない編集をすることなく、スプレッドシートをスクロールしたり拡大/縮小したりできます。
• YouTubeおよびVimeoのビデオをスプレッドシート内で直接再生できます。*
• イメージ、ビデオ、図形などのオブジェクトにキャプションおよびタイトルを簡単に追加できます。
• XLOOKUP、XMATCH、およびREGEXなどの新しい関数により、パターンを照合したり、テキストを操作したり、柔軟性の高い数式を作成したりできます。

 

macOS版

Pages:
• YouTubeおよびVimeoのビデオを書類内で直接再生できます。*
• イメージ、ビデオ、図形などのオブジェクトにキャプションおよびタイトルを簡単に追加できます。
• 新しい関数を使用して、さらに柔軟性の高い数式を作成できます。
• iBooks Authorのブックを読み込んでPagesで作業できます。

Keynote:
• 新しいオプションの“スライドショーをウインドウで再生”を使用すると、ローカルまたはビデオ会議でのプレゼンテーション中にほかのアプリケーションにアクセスできます。
• スライドの切り替え中もムービーを再生できるようになりました。同じムービーを複数のスライドに追加すると、ムービーの再生が1つのスライドから次のスライドへと継続されます。
• “パスに揃える”オプションを使用すると、オブジェクトがモーションパスに沿って移動している間、常に正しい方向を指します。
• イメージ、ビデオ、図形などのオブジェクトにキャプションおよびタイトルを簡単に追加できます。

Numbers:
• YouTubeおよびVimeoのビデオをスプレッドシート内で直接再生できます。*
• イメージ、ビデオ、図形などのオブジェクトにキャプションおよびタイトルを簡単に追加できます。
• XLOOKUP、XMATCH、およびREGEXなどの新しい関数により、パターンを照合したり、テキストを操作したり、柔軟性の高い数式を作成したりできます。

Last Updated on 2020年7月10日 by M林檎