単調そうに見える「Uber Eats」の配達員にも楽しみはある!

最終更新日:

Quoraの記事で、近ごろ副業で流行っている「Uber Eats」の配達員について、面白いものがあったのでご紹介します。

「Uber Eats」の配達員をやっている人は、真面目な話、何がいいと思ってやっているのでしょうか?」という質問。

確かにスマホでオーダーを確認して、お店で受け取り、配達する仕事は、いかにも単調な時間を売る仕事に見えます。

しかし、体を鍛えるをことをしながら、街ちの色々な風景を見たり、タワマンに入って出会えないような人会えたりと、人によっては結構、メリットがある仕事のようです。

他にも、配達を受けた知らない店を発見できたりして、いい店も発見できます。

知らなかったのですが、「Uber Eats」の配達員は、時間帯による待機位置の選択やデリバリー指示が来るアルゴリズムの予測をしないと収入増は難しいというの初耳です。

さらに、配達員を始めるのは、最初に一回本部に出かけるだけで、あとはスマホですんじゃうのも簡単でいいですね。

そしてあの背中に負うバッグは、本部から8,000円で借りて、返すと8,000円編順されるのも知りませんでした。