ニューシネマパラダイスの作曲者で映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネ氏が91歳で死去

ニューシネマパラダイスのメインテーマの作曲者で映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネ氏が、令和2年7月6日(月)、91歳で死去死去しました。

転倒による大腿骨骨折で手術を受け入院していましたが、高齢のためか治癒せず入院先の病院で永眠しました。

モリコーネ氏は、早朝に起床し、あの数々の名曲を作曲しました。また、無類の愛妻家、チョコレート好きで知られていました。

エンニオ・モリコーネ氏の作品といえば、まずはニューシネマパラダイスが思い浮かびますが、ほかにも『荒野の用心棒』『死刑台のメロディ』『アンタッチャブル』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』『ミッション』『ヘイトフル・エイト』などの映画で数々の名曲を生み出しています。

心に残る映画委には、必ずと言っていいほど素晴らしい音楽が映画のシーンを引き立ています。

Last Updated on 2020年7月7日 by M林檎