iOS 14の全ソースコードが流出!

Motherboardによると、セキュリティの研究者とハッカーは、少なくとも2月以降、漏えいしたiOS 14の初期バージョンにアクセスできる状況にあるとのことです。

今回は、オペレーティングシステムの全バージョンがリークし、ハッカーやセキュリティ研究者の間で広く流通しているので、これまでのバージョンのようなスクリーンショットだけではありません。

それがどのようにリークしたかを個別に検証できませんでしたが、リークに詳しいジェイルブレイクコミュニティの5つの情報源は、誰かが2019年12月付けのバージョンのiOS 14を実行している開発版iPhone 11を入手したようです。これはApple開発者のみが使用するiPhone 11です。

これらの情報源によると、誰かが中国のベンダーから数千ドルで購入し、iOS 14の内部ビルドを抽出して、iPhoneのジェイルブレイクおよびハッキングコミュニティに配布しました。

最終的なiOSは、外見上、この初期バージョンとは見た目異なると思われますが、ハッカーと研究者はiOS 14を調査して最終的に公開されるものの脆弱性を探すことができます。

さらに、このリークは、セキュリティ研究者とiPhoneハッカーが、かつては自慢だったiOSのセキュリティに深刻な亀裂を入れ始めていることを示しています。

漏洩したAppleコード、ドキュメント、ハードウェアは、#AppleInternalsと呼ばれるハッシュタグを使用してTwitterで取引されています。

(via VICE気になる、記になる