iPhone SEの部品コストの予想は本体価格の58%、iPhone 8は38%

東京を拠点とする調査会社Fomalhaut Techno SolutionsはるiPhone SE分解・分析を実施し、SEがお買い得であることを発見しました。

Fomalhautによると、64ギガバイトのSEの部品コストは217ドル、つまりiPhone 8の部品コストより18%低いと見積もっています。iPhone SEは、399ドルで発売されているので、最初にiPhone 8やiPhone 11が発売された際の699ドルと比較して大幅な値下がりです。

Fomalhautの推定によると、iPhone SEのコストレートは54%で、iPhone 8とiPhone 11のコストレートはそれぞれ38%と48%です。部品コストの圧縮を考えても、Appleは相当な無理をしています。それはAndroidのローコストモデルへの対抗するためで、その本気度がうかがえます。

そして、何よりも本気なのがチップにA13 Bionicを搭載したことです。これはiPhone XS Maxと同等か、高速なチップです。

今回の分析で分かったのは、iPhone SEが超お買い得だということです。

(via  Nikkei Asian Review

Last Updated on 2020年5月16日 by M林檎