Apple、iMessageを送信後に編集可能にする機能を特許出願

Appleが、iMessageを送信後に編集可能にする機能を特許出願し、今後のiMessageを強化することが明らかになりました。

この特許出願は、現在iOSにはない「メッセージアプリケーションのメッセージングユーザーインターフェイス」(Devices, Methods, and Graphical User Interfaces for Messaging
)の機能を具体的に説明しています。

これらには、メッセージを簡単に確認する方法、プライベートメッセージを表示する方法、ユーザー間でコンテンツの表示を同期する方法、外国語のテキストを翻訳する方法、メッセージをグループにまとめる方法が含まれます。このドキュメントは、バブルやフルスクリーンのエフェクト、Apple Payでの送金や受け取りなど、おなじみのメッセージ機能の改善を提案しています。

提示された最も印象的な新機能には、送信されたメッセージの完全なテキスト編集機能があります。定義済みのタッチ入力でメッセージを選択する簡単な方法では、編集オプションのメニューが表示され、すべての受信者に対して「メッセージ編集インターフェイス」と「メッセージの改訂版」が表示されます。

この機能が実装されれば、他のメッセージングサービスへの強力な対抗策となります。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年5月3日 by M林檎