10.2インチiPadがタブレット市場を牽引!

調査会社IDCがまとめた最新のデータによると、Appleは新しい10.2インチiPadに対する強い需要により、2019年第4四半期に世界のタブレット市場シェアを6.4%増加させました。

IDCによると、2019年9月に消費者および教育機関向けの手頃なエントリーレベルのタブレットとして導入されたAppleの第7世代iPadは、12月末までの3か月間のiPadの総出荷数15.9百万台の65%を占めました。

10.2インチiPadは、ホリデークォーターの世界的なタブレット市場シェアを前年同期の29.6%から36.5%に引き上げました。 Appleのタブレットの前年比成長率は、2018年第4四半期の1,290万件の出荷から22.7%増加しました。

IDCの通年の統計では、Appleが4990万台のiPadの出荷で2019年のタブレット市場の34.6%を占め、2018年に出荷された4330万台の29.6%から15.2%増加しています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年2月5日 by M林檎