iPhone 5Gの周波数帯は、サブ6GHz、サブ6GH、zmmWaveか?

TF International SecuritiesアナリストのMing-Chi Kuo氏は、5Gをサポートする4台のハイエンドiPhoneが2020年後半に発売され、サブ6GHz、サブ6GH、mmWaveを含むと予測しています。

Kuo氏は、mmWaveを搭載したiPhoneモデルは、米国、カナダ、日本、韓国、英国を含む5つの市場で利用可能であり、5Gサービスを提供していない国では、Appleがコスト削減のため、サブ6GHz機能を無効にする可能性があると付け加えました。

しかし、Susquehanna氏のMehdi Hosseini氏は、Appleのサプライチェーン内のチェックに基づいて、Kuo氏のスケジュールに同意しません。代わりに、5G対応のiPhoneが2020年9月のサブ6GHzモデルと2020年12月または2021年1月のmmWaveモデルを含む2つのフェーズで起動することを期待しています。

Hosseini氏によると、mmWaveモデルの発売が遅れているとされるのは、サードパーティのサプライヤに依存するのではなく、独自のアンテナインパッケージモジュールを使用するというAppleの決定によるものです。

mmWaveは最速の5Gであり、新しいスペクトルを使用して1 Gbpsを超える理論的なダウンロード速度を提供します。 Sub-6GHzはmmWaveよりも低速ですが、それでも4G LTEよりも高速であり、カバレッジが広いため、地方により適しています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年1月7日 by M林檎