Apple、Everyone Can Codeのカリキュラムを拡大とアナウンス!

Appleが、教師と生徒にプログラミングにより多くのリソースを提供します。

Appleは本日、より多くの小中学生にプログラミングの世界に親しんでもらうことを目的として、完全に再設計された Everyone Can Code カリキュラム を発表しました。

本日より提供される新しいカリキュラムには、教師のみなさんのためのさらに多くのリソース、生徒のための新しいガイド、改訂されたSwift Coding Clubの教材などが含まれています。現在すでに、世界中の5,000校以上で何百万もの生徒たちがEveryone Can Codeのカリキュラムを利用して、自分のアイディアを形にしながら、創造性、共同作業、問題解決につながる大切な能力を磨いています。

さらに本日より、プログラミングを学んでみようという方を対象に、全世界のApple直営店で12月に開催される、プログラミングに関連した多数の 参加無料のToday at Appleのセッションへの参加登録が開始されました。コンピューターサイエンス教育週間を祝して、自分のプログラムの最初のコードを書いてみましょう。

→Apple、Everyone Can Codeのカリキュラムを拡大し、教師のみなさんと生徒たちのプログラミングにより多くのリソースを提供