iFixit、16インチMacBook Proの分解画像の続編を公開!

iFixitが、16インチMacBook Proのシザースイッチキーボードに続く、分解情報を追加しています。

キーボードアセンブリはリベットで留められています。つまり、キーボード自体はバタフライキーボードよりも故障しにくく、また、バタフライキーボードよりも修理しにくいということです。

Appleは「MacBook Pro」に新しいスピーカーシステムを追加しました。上下に反対側のウーファーを備えた長いスピーカーエンクロージャーがあり、互いの振動を相殺するためのものです。

iFixitは、なぜ長いエンクロージャーがあるのか​​はわかりませんが、音質を改善するためにサウンドをリダイレクトする必要があると推測しています。新しい3マイクアレイも「ビーファイヤ」ですが、それ以外は15インチ‌MacBook Pro‌で見つかったものと同じです。

Appleは16インチ‌MacBook Pro‌で99.8Wh(11.36V、8790mAh)バッテリーを使用しています。これは、航空会社が飛行機で使用できる最大の容量です。これは、以前の15インチ「MacBook Pro」とMacBookで使用された最大のバッテリーと比較して16.2Whの増加です。

新しいマシンに追加の容量を追加するために、Appleは各バッテリーを0.8mm厚くしました。

全体として、「MacBook Pro」は、プロセッサ、RAM、およびストレージがロジックボードにはんだ付けされ、キーボード、バッテリー、スピーカー、およびタッチバーが接着剤とリベットで固定されているため、修理性スコアは1です。

(via MacRumors)