すべてのiPhone 11シリーズは、新バッテリーダイナミックパフォーマンス管理システムを搭載!

Appleによると、新しいッテリーダイナミックパフォーマンス管理システムは、これまでの古いiPhoneのバッテリーおよび電源管理システムよりも「先進的」であり、バッテリーの経年劣化が起こるにつれて可能な限り最高のパフォーマンスを提供するよう動作します。新しいiPhoneの電力ニーズは動的に監視し、パフォーマンスはリアルタイムで管理されます。

すべてのリチウムイオン電池の寿命は限られており、バッテリーの経年劣化により、アプリの起動時間が長くなり、フレームレートが低下し、ワイヤレスデータスループットが低下し、バックライトなどのパフォーマンスに影響する可能性があります。

iPhoneのバッテリーの状態を確認し、Appleがバッテリーの交換を推奨しているかどうかを確認するには、iOS 11.3以降で[設定]ー> [バッテリー]−> [バッテリーの状態]に移動します。 Appleは通常、iPhoneのバッテリーが新品のときと比較して最大容量が80%を下回ったら、バッテリーを交換することを進めます。

(via MacRumors