人生は(遊び心をもって)クリエイティブに!

野菜を作る。料理を作る。絵を描く。ブログを書く。詩を書く。漫画を描く。デザインをする。プログラムを作る。日曜大工をする。バイクをいじるなど多様な趣味や仕事がある。

根底にあるのは、人間の創造性だ。多くの人が何かを想像したいという欲求を持っている。
これを実践できているか、できていないのかが満足感に大きく影響する。

通常、人生で一番時間を消費しているのは仕事だ。だから趣味を仕事にできたとしたら幸運だ。ただ、趣味を仕事にできなくても余暇で別途クリエイティブな活動をしている人がいる。

メンタリストのDaigoが、彼が制作している動画の中で、たとえ、どの様な仕事であってもクリエイティブに生きることが、幸福につながるという趣旨で述べている。
ただの真面目はだめで、仕事を楽しめる人の周りに人が寄ってくる。

ただ、何もできない凡人はどうすれば良いのか?

日頃から冗談を言ったり、時々羽目を外してみたり、自分の中で箍を外していることが重要だ。ジョークで職場を明るくしてみたり、思いやりによって職場を温かい雰囲気によって、創造性が生まれる職場をよりクリエイティブな雰囲気にできるのだ。

何か日常生活で想像しよう。それは仕事上での小さなことかもしれないし、短いスピーチにちょっと冗談を盛り込むことかもしれない。
また、ちょっとしたことをTwitterでつぶやいて、人に影響を与えることかもしれない。

過去に岡本太郎という画家が「人生は芸術だ」と言っていたことがったが、人生はまさにアートのようにクリエイティブに過ごすと言うことが、非常に前向きで明るい人生につながるのではないだろうか。