Apple、手首の肌での生体認証などApple Watch関連特許を取得!

Apple、手首の肌での生体認証などApple Watch関連特許を取得したことが米国特許商標庁資料で明らかになりました。

1つ目は、手首の肌の模様のパターンに基づいて着用者を認証できるセンサーを備えたApple Watchバンドです。この機能により、Apple WatchまたはペアリングされたiPhoneでパスコードを入力して時計のロックを解除する必要がなくなります。

2つ目は、自己締め付けApple Watchバンドについて説明しています。たとえば、着用者がランニングやワークアウトをしている場合、運動中に手首にぴったりとフィットするように、バンドを自動的に締めることができます。運動が終わると自動的にバンドが緩みます。

3つ目の特許は、LEDインジケータを備えたApple Watchバンドについて説明しています。LEDインジケータは、ウォーク、スタンド、エクササイズのリングの完了など、アクティビティまたはタスクの進行状況を視覚化します。このインジケータは、Apple Watchのバッテリー寿命を一目で確認する簡単な方法としても役立ちます。

(via MacRumors