iPhone 11は最大3,500 mAhの大容量バッテリーを搭載!

台湾のDigiTimesは、2019年のiPhoneがTSMCの7nmプロセスに基づいて製造されたA13プロセッサを搭載し、iPhoneの背面にあるApple WatchやAirPodsなどのウェアラブルデバイスの双方向充電をサポートすると述べています。次のiPhone XRの後継機種は、グリーンとラベンダーのカラーをサポートします。

iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRの後継機種のバッテリー容量はそれぞれ約3,200 mAh、3,500 mAh、および3,000 mAhで、現行モデルと比べると、それぞれ約20%、10%、2%大きくなります。

iPhone XSとiPhone XS Maxの後継モデルは、トリプルレンズのリアカメラを搭載することが期待されていますが、iPhone XRの後継はデュアルレンズのリアカメラを搭載すると噂されています。ほかにハイエンドモデルでは、3番目のレンズが「0.5x」超広角ファインダーを搭載するという噂があります。

3つのiPhoneはすべて、Face IDを備えていると言われています。ノッチ領域に変更はなく、3D Touchは搭載されません。

また、Appleは、今年。中国市場限定で、デュアルnano-SIMをサポートする5.8インチiPhoneをリリースする可能性があります。

(via MacRumors