Apple、自社アプリを優先的に検索上位に表示か?

The Wall Street Journalが行った新しい分析によると、AppleのiOSアプリは、App Storeの検索結果で競合他社よりも上位に表示されるとのことです。

「地図」を検索すると、WSJのテストで60%以上の確率でトップにランキングされます。「音楽」「本」の検索では95%の確率でトップに表示されました。これは自社アプリに異なる検索アルゴリズムを適用している可能性を示しています。

Appleは、機械学習と過去の消費者の好みを使用するアルゴリズムを使用しているため、アプリのランキングが変動することが多いと述べています。

Appleは自社のアプリがWSJのテストで1位にランクされるのは、これらのアプリが消費者に人気があるからだとのことです。 Appleによると、すべてのアプリは独自のものも含めて同じ検索アルゴリズムに従っているとのことです。

また、Appleと同様にMicrosoftのアプリも上位にランクされると述べています。

The Wall Street Journalは、AppleのApp Storeの優位性がAppleに優位性を与えていることを示唆しています。

しかし、多くのApple製アプリケーションは、サードパーティのアプリケーションが準拠する必要があるのと同じ基準には準拠していません。

たとえば、多くのAppleアプリはレビューや評価機能を備えていません。これはダウンロードとともに検索結果に影響を与える要因の1つであり

(via MacRumors