中国の新疆ウィグル自治区などの特別な地域に入る場合は、Androidスマートフォンにスパイウェアをインストールされる!iPhoneは??

中国の新疆ウィグル自治区などの特別な地域に入る場合は、その国境でAndroidスマートフォンにスパイウェアをインストールされ、ユーザーのカレンダー、電話連絡先、通話履歴、テキストメッセージなどにアクセスされるとのことです。

The Süddeutsche Zeitungの記者によると、iPhoneの場合は、スパイウェアがインストールできないので、データをダウンロードする機器(おそらくCellebriteのUniversal Forensic Extraction Device(UFED))でデータをキャプチャされるとのことです。

中国当局が探しているファイルには、イスラム過激派のコンテンツだけでなく、無害なイスラム教材、一流の研究者によるイスラム教の学術書、そして日本のメタルバンドの音楽さえ含まれています。

(via 9 to 5 Mac

弾圧社会、管理者社会の中国は恐るべしです。

Last Updated on 2019年7月4日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です