macOS Catalina、Gatekeeperが強化されAppleの認証開発者が公開したアプリのみが起動可能!

macOS Catalinaでは、Gatekeeperが強化されAppleの認証されたアプリのみがアプリのみが起動可能となっています。

Appleは、悪意にあるアプリを排除するため、昨年「Apple Notary Service」を導入し、アプリ内部に悪意のある動作が含まれていないかをチェックし、パスするとmacOS Catalinaで動作させることができるアプリとして認証されます。

macOS Catalinaの強化されたGatekeeperでは、この確認を受けていないアプリは動作させないようにブロックします。

こにより、Appleは、macOSをiOSと同様に安全な環境へと移行させようとしています。

(via AAPL Ch.)