Appleのティム・クックCEOが語る「iPhoneを使いすぎないためのルール」

米国時間2019年6月3日に行われたCBS NewsのNorah O’Donnell氏によるインタビューで、ティム・クックCEOは、スクリーンタイムなど最新の機能を語ると共に興味深いことを述べています。

クック氏は、自分が仕事上でもiPhoneを使いすぎるため、多くの通知を控え、iPhoneを手に取ることを減らしていると述べました。

やはり、クック氏とはいえ、iPhoneの使いすぎは、他の大事なことを犠牲にしてしまうようです。

クック氏は、iPhoneの使用を控えるため、独自のルールを設けているそうです。

それは興味深い表現で語られています。

「私の単純なルールは、誰かの目を見るよりも多くiPhoneを見ていたら、自分が間違ったことをしているということだ」

やはり、対人コミュニケーションが少なくなるほど、iPhoneを使っていたら要注意と言うことですね。

(via CNET