Apple、Intelの「XMM 8160」5Gモデムチップ開発の中心人物を雇用!

Appleが、Intelの「XMM 8160」5Gモデムチップ開発の中心人物であるUmashankar Thyagarajan氏を2月に雇用したとThe Telegraphが伝えています。

同氏は、iPhone向けの5GチップであるXMM 8160モデムのプロジェクトエンジニアで、Intelで7年以上働き、3年前からは5Gモデムのプロジェクトエンジニアリング担当シニアディレクターでした。

Umashankar Thyagarajan氏が、2月にAppleへ入社しているとなると、AppleのIntelからQualcommへの5Gチップ乗換えは、開発に苦しむIntelと、危機感を募らせるAppleの間での既定路線だった可能性があります。

そのIntelは、今月、2020年用のiPhone向けの5Gモデムの開発から撤退すると正式に発表していました。

Intelの撤退に伴い。当面、AppleはQualcommから5Gモデムを購入することとしましたが、今回の雇用は、Appleの自主開発を裏付けるものです。

また、AppleはIntelのモデムチップ開発部門を買収することをIntelと協議中だとも報道されています。

(via 9 to 5 Mac