Apple、和解交渉中のQualcommから、2020年iPhone用5Gチップを購入か?

Nikkei Asian Reviewによると、情報筋からの話しとして、Appleは2020年のiPhoneで使用するためにQualcommから5Gモデムチップを購入することを計画しているとのことです。

Qualcommとの特許に関する和解向上が進むにつれて、AppleはQualcommの5Gモデムチップのテストを開始し、一部のサプライヤにチップメーカーの製品のテストを依頼したようです。

Appleは当初、2020年のiPhoneにIntelの5Gチップを使用することを計画していましたが、最近の情報によると、Intelは開発期限を守れておらず、Appleは2019年中頃にIntel製5Gチップのサンプルを入手できる可能性が低いことから、2020年のiPhoneにIntel製チップを搭載するのは困難になりつつあります。

このため、Appleが2020年のiPhoneに5Gチップを搭載するには、Qualcommと和解するしか道は残されていませんでした。

現在、クアルコムは、Snapdragon X50とX55という2つの5Gチップを発売しています。

なお、Appleは、モデムを他社に依存しないように自社開発を行っていますが、2021年か、それ以降のiPhone用になる見込みです。

(via MacRumors