ゴリラガラスのコーニング、折り畳みスマートフォン用のディスプレイガラスを開発中

これまでの折り畳みiPhoneのディプレイ保護は、プラスチックポリマーを利用しています。これはガラスとは異なり、プラスチックの折り目およびしわが経年劣化で現れ、指がひっかったりします。

さらにプラスチックポリマーは、ガラスに比べて保護力が弱いという欠点があります。

高い完成度を求めるAppleは、より保護力の強い、折り畳みができるガラスが開発されるまでは、折りたたみ式のiPhoneを発売しない可能性があります。

この問題は近い将来にクリアされる可能性があります。すでにコーニングは、折り畳みガラスを積極的に開発しています。 コーニングのゴリラガラスは、iPhoneとiPadで使用されてきました。

コーニングは、現在の0.1mm厚のガラスで折り畳み可能なガラスを開発しているとのことですが、ガラス素材は、元々曲がりにくいものであるため、開発では、曲がるWillow Glassとイオン交換プロセスのGorilla Glassの強みを組み合わせています。

しかし、残念なことに、そのプロセスはガラスを溶融塩溶液に浸すことを含み、これはディスプレイ用途に見られるトランジスタを腐食します。コーニングは、この課題を克服することに焦点を当てているとのことです。

(via MacRumors

折り畳みiPhoneについては以下の記事をどうぞ!