ユーラシア経済委員会データベースににiPadの6モデルが登録される!3月のスペシャルイベントで発表か?

今週、ユーラシア経済委員会データベースににiPadの6モデルが登録されたことが明らかになりました。(via MySmartPrice

この委員会への申請は、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、ロシアで暗号化されたデバイスを発売する場合に必要です。モデル番号はA2123、A2124、A2153、A2154、A2133、A2152です。

昨秋、iPad Proが発売されていることから、今回のモデルは、エントリーレベルのiPadやiPad mini 5であることが予想されます。

台湾のサプライチェーン情報に詳しいDigiTimesによると、9.7インチの既存モデルに代わって、Appleは、10インチディスプレイを搭載した新しいエントリーレベルのiPadを発売する計画だとのことです。また、AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏は、新しいiPad miniの発売が計画されていると述べています。

おそらく3月のスペシャルイベントでは、10インチiPad、iPad mini 5、AirPods 2などが発表されることが予想されます。

(via MacRumors