Apple、2019年前半にiPad mini 5とエントリーレベルのiPadを発売!

Digitimesが業界筋の話として、台湾を拠点とするタッチパネルメーカーのGeneral Interface Solution(GIS)とTPK Holdingは、iPadシリーズの新製品の受注により、2019年前半に安定した出荷を維持する見込みでだと述べています。

Appleは、2019年前半に第5世代iPad miniと他のエントリーレベルiPadモデルを含む2つのエントリーレベルタブレットを発売する予定だとのことです。

前回の出荷記録から判断すると、GISは新しいiPadデバイスに必要なタッチソリューションの40%以上を占めると予想され、TPKと中国を拠点とするO-film Technologyは残りの60%を共有すると情報源は予想しています。